スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夢日記 2

この老人は誰なのか?
............
..............................。
老人は<<元>>話し売りです。
元、と付いているから勿論、随分前に辞めています。

でも行き成り、何時もなら金を貰うんだがとか言っているのは
自分が、話し売りを辞めている事を忘れているのです。



老人は顎鬚を摩りながら、語り始めた。

「俺が、まだ若かった時の話だ。
あの事件の事だけは、今でも忘れられない。
何が忘れられないって?親友の女が死んだのサ。
その女の名前か?名前は忘れてしまったよ。
...まあ、女とでも言って置けば大丈夫だろ?
俺が覚えている事は、その女が狂っていき、
最後には死んだって事だけサ。」

面白そうな話ではあるが、この老人。
親友と言っている女の名前を忘れるとは、多分嘘だな。
だが、まあそんな事は今は関係ないか。
何か思い出したくない物なのだろう。

「時は春だ。
女とは、その学級の時に始めて知り合った。
アイツは黒髪で髪が長く勉強が出来た。
まあ、言ってしまえば清楚って感じだったな。
...その時の俺は、今とは全然似ていないから想像が付かないだろうが
割と格好が良い人間だった。
この顎鬚も生えていないし、髪だって綺麗な黒髪だった。
一年に幾人かには告白されたりもしていたが、全部断ってきたぐらいだ。
何故かって?女に興味が無かったというか、楽しめ無そうだったからだ。

...だが、俺はその女に惚れた。
一回も女を好意的に思わなかった俺が、一気に好きになった。
その日から俺は、その女に積極的に話しかけたし
勉強が解らなければ、ソイツに聞いたりもしていた。

それから如何いった感じで仲良くなって言ったかは忘れたが、
まぁ、そんな事は如何でも良いので話を続けよう。

時は夏に移る。
女が俺を家に招き入れてくれる事になった。
理由は見せたい物があるとかで、家に来いとの話になった。
まあ、勿論俺は直ぐに了解した。
何故か何て聞くなよ?解りきっている事なのだから。

女の家は豪華な家だった。
一言で言うのならば、金持ちって感じだったな。
和な感じの家。で、女の格好は和服。
アレを、和服美人と言わずに何を和服美人というのかさえとも思ったな、その時は。
その後、俺は女の家に招きいれられる。
あの時正直、俺は心臓が破裂しそうなぐらい音が鳴っていた。
...初々しかったな。

そんな事は置いて置いて次に進もう。
俺たちは長い廊下を歩いた。長い長い距離を歩いた後自分の部屋の前で女は止まる。
俺はその時ようやく、女が俺に見せたいものをと言っていた事を思い出した。
そして女が見せたものを見て後悔した。
行かなければ良かった。
見なければ良かった。
馬鹿な事をしてしまった。
こんな良い女が、こんなに頭の良い女が
こんなに馬鹿だったとは、恥ずかしい女だったとは。
俺は、女に幻滅さえはしなかったが、好意はその時無くなった。

女が何を見せたかだって?そんなに急くなよ。
俺は最初に言った筈だぞ?夢日記という名前を。
名前の通り、夢みた時日記をつけるという奴だ。

俺は下らないと、内心吐いていたが、女の前、建前として
一応どんな夢を見ているのかを教えてくれと、日記を借りた。読んだ。」

老人は、老人の隣においてあるバックの中から
一つの日記を取り出し、私に渡した。

「本当ならば、俺はコレを人に見せる事はない。
だが、お前さんは気に入ったから見せてやろう。
...別に語ってやってもいいのだが、こっちの方が気持ち悪くなれる筈だ。
興味本位で見ることをお勧めする。他の感情では見ないほうが良い。」

私は、夢日記とやらを老人から借りて、読むことにした。
無論。興味本位ではあるのだが。

老人は、私に向けて指を三つ立てる。
「参拾分だ。それ以上はお前さんに最初言った事が守れなくなってしまう。
だから、時間が経ったら途中でもお前からこの日記を取り上げる。
全部読みたかったら流し読みをしろ。じっくり読みたいなら半ばから後半を読め。
俺が、夏の時に読んだ時は、最初から中盤辺りだったがな。」

老人はさあ、どうすると言ったばかりに私に眼を向ける。
...私は無論。流し読みをする事にした。
大体の、内容は所詮日記だ。
老人が多分軽く補足もするだろうし、大丈夫だろう。

そして、私は日記の一頁に手をかける。
「...おやおや、やっぱり最初が気になるよな。
一応、お前さんが思っているように、補足はしてあげるよ。」



スポンサーサイト
[ 2012/03/22 00:00 ] 自作小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

白神

Author:白神
馬鹿です。人見知り激しいです
後、友人がオタクなので、
私もオタクって言う想像っぽい感じです。
……まあ、私もオタクだから別にいいんですけどね(微怒)
   , 。    
   ( 々゚) あ?やんのか?お?  
   し  J    
    u--u
動物大好きです!家には犬がいます。
猫派なんですけど!

てか、動物って可愛いですよね。
DSとかの擬似動物なんかより断然いいです。
    /l、  
     ("゚. 。 フ      ミイ~ ミィ~  
     」  "ヽ  
    ()ιし(~)~
ルックスの関係で、好きなのは小さい生き物って言うと引かれます。理解できません。
畜生!!燃えろリア充!!
   ,、|,、  
   (f⌒i  
    U j.|  
    UJ  
     :  
    ‐=‐

最新コメント
ブロとも申請フォーム
応援です。
僕は
友達が少ない 特設サイト TVアニメ「ペルソナ4」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。